脱毛サロンに通っている時に薬は服用してもいいの?

ムダ毛が気になって脱毛サロンで脱毛ようと思い、カウンセリングを受けると、必ず「薬の服用をしていますか?」と聞かれます。

 

脱毛をするだけなのになぜ薬の服用に関して聞かれるのか、正直よくわからない人は多いと思います。

 

そこで脱毛中に薬を服用してはいけないのか、服用してはいけないならどの薬なら服用しても問題ないのかなどを詳しく解説します。

 

 

薬を飲んでいると脱毛を断られるのか?

脱毛をしようと思って脱毛サロンのカウンセリングを受けると薬の服用はしているかどうかの質問をされます。

 

では、何故この質問をされるのかというと、服用している薬の内容、薬の種類によっては脱毛自体を断られる可能性があるからです。

 

脱毛サロンには薬に関しての注意事項などに触れている項目があり、この同意書にサインをしないと施術を受ける事ができません。ただ、時期によっては花粉症の薬を服用している方もいますし、風邪薬をたまたま服用している場合もあります。

 

サプリメントや持病薬の服用もダメなのかも気になると思います。薬の種類によっては問題がないものもありますので、不安な場合はカウンセリングの時に服用しているものを持っていき、サロンのスタッフの方に確認してもらうようにすると良いと思います。

 

脱毛中に薬を服用するのがダメな理由

薬を服用している場合何故脱毛を断られてしまう事があるのか、ですが、これは大きく分けて2つの理由があります。

薬を飲んでいるという事は体調に関して問題があると思うから

脱毛サロンは医療機関ではないので脱毛中に体に異変があった時、その場での適切な対処ができません。その為、医療クリニックで脱毛をする時よりも薬の服用に関しては慎重に対応されます。

 

サロンのスタッフさんが把握できない薬を服用している場合も、何かあってからでは遅い為、断られる事があるのです。

薬の副作用で光に対して敏感になってしまう可能性がある

実際に断られる理由としてはこちらの方が多いと思います。

 

皮膚が光に対して敏感になってしまう事を光線過敏症(光敏感症)と言います。

 

これは普段受けている時は何でもない光であっても、皮膚に当たった時に痒みや腫れ、水膨れなどの症状が出てしまう病気のことです。この光線過敏症の中でも薬の副作用によって起こってしまうものの事を薬剤性過敏症と言います。

 

光線過敏症の副作用を持っている薬は実はかなり多く、普段知らずに服用している可能性があるのです。

 

副作用が多い薬

・向精神薬
・非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)
・抗生物質
・利尿薬

これらの内服薬以外にも塗り薬や貼り薬のシップなどの外用薬でも起こってしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

これらの薬を使用した後に脱毛を受けてしまうと、脱毛器の光に対して皮膚が敏感に反応してしまい、火傷などや肌荒れを起こしてしまうなどの肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。これが脱毛中に薬を服用するのがNGと言われている一番多い原因になります。

 

その為、今自分が服用している薬が副作用が起こってしまうものなのかをしっかりと確認してもらう必要があります。

 

脱毛サロンによって対応が異なる

脱毛サロンによって禁止されていることが違ってくるので、通われる脱毛サロンに事前に確認する必要がありますが、有名なミュゼプラチナムの対応を例に出して紹介します。

ミュゼプラチナムの対応


ミュゼプラチナムでは脱毛を受ける当日の服用に関しては、市販薬であれば脱毛の前後8時間の時間を空ければ服用しても問題ありません。

 

処方薬に関しては種類に関係なく処方してもらった医師へ確認しておく必要があります。さらに、予防接種なども前後10日以内に受ける予定がある場合は日にちをずらす必要があります。受けてしまった場合は施術を受ける事ができません。

 

外用薬は当日は避け、空ける期間に関しては医師に確認しておく必要があります。服用しても問題ない薬に関しては、施術までの時間を空ければ基本はどんな薬でも問題ありません。

 

処方薬は低用量ピルを服用している人などもいますが、許可が出れば問題がありません。

 

処方薬の中で施術を受ける事ができないものは以下のものになります。

・抗不安薬
・抗生物質
・三環系抗うつ薬
・経口抗真菌薬
・解熱鎮痛薬
・抗がん剤
・利尿剤血糖降下薬

これらを服用している場合は、医師からの許可が下りず、施術できない事が多いです。理由は紫外線に反応してしまう薬である為です。そしてこれらを服用しての脱毛施術は危険である可能性がある事も理由に挙げられます。

 

ミュゼは健康である方に対して行う美容脱毛である為、以下の症状がある場合は受ける事ができません。

・ガンの既往歴がある
・てんかんの既往歴がある
・ケロイド体質である
・光過敏症である
・緑内障である
・薬物アレルギーである
・ペースメーカーを使用している
・通院をしている
・糖尿病である
・心臓病である
・肝臓病である
・甲状腺などの疾患がある

さらにこれらとは別に、妊娠している、授乳期間中であるなどの場合も施術を受ける事はできません。

 

風邪薬や花粉症の薬は服用しても問題ない?

風邪を引いて風邪薬を飲んでいたり、花粉の時期は花粉症の薬を飲んでいる方は多くいますが、これらは脱毛中は服用しても問題ないのか、疑問に思う方も多いと思います。

 

これらの薬は脱毛サロンでは期間をずらして飲むことを勧められます。その理由は、脱毛サロンでは風邪薬や花粉症の薬は抗生物質を含んだ薬になり、肌が敏感になってしまう事がある為です。服用してしまうと、肌トラブルが起こりやすくなってしまう為、脱毛当日は服用しないようにしましょう。

 

ただし、一時的なものであればサロンのスタッフさんに相談すれば問題ないこともありますので、必ず服用している薬を持っていき確認してもらうようにしましょう。

 

脱毛の痛みを和らげるための痛み止めもダメ?

脱毛する時に断られる理由は上記でも書いたように光に対して肌が敏感になってしまう為、肌トラブルの原因になるからです。

 

脱毛の時の痛みがどうしても耐えられずに痛み止めを自己判断で飲んでしまうのは避け、必ず一度サロンスタッフに相談するようにしましょう。しかし、ほとんどの場合は専門家ではない為、痛み止めを服用しての施術は断られると思いますので、不安は場合は医師に相談しても良いと思います。

 

施術後に痛みが引かなかったり、赤く腫れた状態になってしまうなどの異常があった場合は皮膚科やサロンに相談して適切な診察を受けるようにしましょう。

 

原因や症状がわからないうちから市販薬を飲んでしまうのも危険な為、自己判断で行動するのは避けて下さい。

 

一般的によく服用されるものは飲んでも問題ないの?

薬の中には服用しても断わられにくいものもあります。代表的なものは便秘薬やサプリメントなどです。

 

ただし、これらも必ず確認してもらった上で服用するようにしましょう。

 

では、それ以外に一般的によく服用されているものは服用しても問題ないのかをまとめてみます。

ピル

女性がよく服用しているものがピルです。低用量ピルは避妊目的だけではなく、PMSや子宮内膜症や子宮筋腫の治療にもよく使われています。

 

今では身近な存在になりましたが、ピルは光線過敏症の副作用は特にありませんので、基本的には服用しても問題はありません。ピルに関してはほとんどの脱毛サロンでは服用OKとされています。しかし、稀にピルの副作用で色素沈着が起こってしまったり、体毛に変化があったりすることもある為、慎重に対応する脱毛サロンもあります。

 

不安な場合は必ずサロンに確認するようにしましょう。

漢方

漢方も薬に入る為、必ず確認する必要があります。植物由来の成分がほとんどなイメージもあると思いますが、医薬品に入ります。

 

漢方は一般的な処方薬に比べると光線過敏症の副作用があるものは少ないですが、完全にないとはいえない為、サロンによっては断られることがあります。

 

しかし、体質の改善目的や作用が比較的穏やかである場合は問題がないことがある為、医師に確認をしてから施術を受けるサロンに伝えるようにするとより安全です。ただ、この時医師の同意書が必要な事があるので、必ず書いてもらうようにしましょう。

 

まとめ

薬はたくさんの種類が市販されたり、処方されたりしていますので、自己判断で飲んでから施術を受けるのはとても危険です。

 

その為、必ず服用しても問題ないものかどうかを確認するようにしてください。

 

服用を避けた方がいい薬まとめ

・抗不安薬
・抗生物質(抗菌剤や抗真菌薬)
・三環系抗うつ薬
・経口抗真菌薬
・解熱鎮痛薬
・抗がん剤
・利尿剤血糖降下薬
・向精神薬(抗うつ剤や精神安定剤など)
・非ステロイド系抗炎症鎮痛剤
・抗ヒスタミン薬
・心臓や血圧などの薬
・抗てんかん薬

この他にも抗リウマチ薬なども光線過敏症の副作用がある為、断られることがあります。

 

薬に関わらず、病状によっても断られることがありますので何かしら不安がある場合は必ずサロンに相談するようにしましょう。

トップへ戻る